2013年3月

 2012年12月13日に新大学6号館建設予定地にて地鎮祭を行いました。地鎮祭は、その土地の神を鎮め、工事の無事故・無災害を祈る儀式です。当日は、佃和夫学園理事長、橋本竹夫学園長職務代行、亀嶋庸一学長ら学園関係者と、株式会社三菱地所設計小田川和夫取締役社長、清水建設株式会社宮本洋一取締役社長をはじめとする設計、施工をご担当いただく関係者の方々にご列席いただき、工事の無事を祈りました。

IMG_4393.JPGIMG_4409.JPG

 2012年8月6日~10月15日、約2ヵ月半を掛けて旧大学6号館の解体工事を行いました。解体前には、約45年間(1967年竣工)お世話になったことに感謝し、また工事が安全・順調に進むよう清祓を行いました。

【画像】左上:解体前 右上:清祓に使用したお酒・お米・お塩 左下:解体中の様子 右下:解体跡地

旧6.jpg清祓.jpg解体.jpg跡地.jpg

 新大学6号館は、既存の旧大学6号館と同様の位置に建替えることとなったため、仮設校舎を建設し、教務部事務室や非常勤講師控え室などの機能を一時的に移転させることにしました。画像は、大学4号館と大学7号館の間に建設した、仮設校舎(プレハブ)です。

仮設6.jpg