環境配慮について

HOME > 環境配慮について

新大学6号館は、多方面において環境に配慮した設備設計をしています。
照明では、LED照明・人感センサーをはじめ、建物の暗いところに自然光を運ぶ「光ダクト」を導入します。
熱負荷の低減としては、地中熱外気と煙突効果を利用した「自然換気システム」および西側けやきラウンジ部分のガラス面に水を流して表面に薄い水の膜を作り、気化熱により建物を冷却する「ガラス散水」を導入します。
更に外構では、ミスト噴霧による蒸散効果で噴霧エリアの外気温度を低下させる「ドライミスト」を導入します。

多方面において環境に配慮した設備設計

環境配慮設備一覧

分類 環境配慮設備
熱負荷の削減
(建築的に負荷を軽減)
日射遮敝 外装材の工夫
省エネガラスの採用
日除けルーバー
ガラス散水+光触媒
(酸化チタン)
外気負荷の削減 CO2濃度制御
全熱交換器
自然エネルギーの有効利用 太陽光の利用 昼光利用
光ダクト
外気の利用 自然換気システム
再生可能エネルギーの利用 太陽光の利用 太陽光集熱
地中熱の利用 地中熱外気利用
設備システムの高効率化 照明負荷の削減 LED照明(ダウンライト)
人感センサー
高効率機器 アモルファストランス
その他 低環境負荷材料の使用 再生材
タイルカーペット
快適性環境負荷低減 ドライミスト
快適性環境負荷低減 自然素材の採用
ロングライフ 高強度コンクリートの使用